出典:デジタル大辞泉

正宗白鳥の小説。初期の代表作で、雑誌記者の青年の虚無的な感覚を描く。明治41年(1908)、「早稲田文学」1~4月号に掲載。同名の作品集は同年10月に刊行。