ともせん‐びん【共栓瓶】 の意味

  1. 実験器具で、栓と共通の材質でできた瓶。ふつうガラス製の瓶を指し、気密性を高めるため、接触部分に摺合せ処理が施されている。試薬の保存に用いられることが多い。→試薬瓶