出典:デジタル大辞泉(小学館)

nearest neighbor interpolation》コンピューターによる画像処理で、画像の回転・拡大・変形を行うときの画素補間法の一。求めたい画素に最も近い位置の画素の情報を参照して補間する。最近傍補間法。最近傍法。→バイリニア法バイキュービック法