• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

にいがた‐みなまたびょう〔‐みなまたビヤウ〕【新潟×俣病】 の意味

  1. 昭和40年(1965)に新潟県の阿賀野川流域で公式に確認された、有機水銀による中毒症。上流の化学工場から排出されたメチル水銀が川魚に高濃度に蓄積し、それを摂取した住民が発症した。名称は、昭和31年(1956)に熊本県の水俣市で公式に発見された水俣病に続いて発生したことから。第二水俣病。
  • 名詞