ノッサセニョーラ‐ド‐ロザリオ‐きょうかい〔‐ケウクワイ〕【ノッサセニョーラドロザリオ教会】 の意味

  1. Igreja de Nossa Senhora do Rosário》ブラジル南東部、ミナスジェライス州の古都オーロプレトにある教会。町の高台に位置する。18世紀前半に建造。円筒を並べたような独特な外観をもつバロック様式の建物で、黒いマリア像や聖人像を祭る。1980年、「古都オーロプレト」の名で世界遺産(文化遺産)に登録された。