出典:デジタル大辞泉(小学館)

久生十蘭の小説。昭和32年(1957)、雑誌「婦人公論」4月号から8月号に掲載された遺作。最終部は十蘭の生前の構想をもとに夫人の幸子が補完して完成させた。