ふ‐ろんり【負論理】 の意味

  1. コンピューターで用いる論理回路で、入出力端子に電圧がかからない状態を真または1、電圧がかかる状態を偽または0に対応させること。アクティブロー。ローアクティブ。→正論理
  • ふ‐ろんり【負論理】のカテゴリ