出典:デジタル大辞泉

分子がある限られた化合物に対して親和性や選択性をもつこと。生化学分野で広く見られ、DNAとたんぱく質、抗原抗体の間で分子認識が有効にはたらいていることが知られる。