出典:デジタル大辞泉

物体が力の作用を受けながら、ある点から別の点に移動したとき、仕事が経路によらず一定となるような力。ポテンシャル微分すると得られ、位置エネルギー運動エネルギーの和は常に保存される。重力、ばねの復元力、クーロン力などがある。⇔非保存力