ママウイルス【mamavirus】 の意味

  1. 巨大核細胞質DNAウイルスの一種。ミミウイルスに続いて、2008年にパリで発見された。ゲノムの大きさは約120万塩基対遺伝子数は約1000個。名は、近縁のミミウイルスよりも大きいことから。→スプートニクバイロファージ
  • 名詞