出典:デジタル大辞泉(小学館)

昭和45年(1970)から昭和47年(1972)にかけて沖縄県具志頭村(現在の八重瀬町)の採石場で発見された数体分の化石人骨。更新世末期の約1万8000~1万7000年前のものとされる。石器などの人工物は見つかってない。のちの調査により、港川人は縄文人の祖先ではなく、アジア大陸の南方に起源し、オーストラリア先住民やニューギニアの集団に近いと考えられている。