出典:デジタル大辞泉(小学館)

アカントアメーバを宿主とする巨大なウイルス巨大核細胞質DNAウイルスの一種。直径約750ナノメートルで、光学顕微鏡で観察できる。ゲノムの大きさは約120万塩基対で、約980個の遺伝子を持つ。1992年に英国で単離され、当初は細菌と考えられたが、2003年にフランスの研究者によりウイルスと同定。細菌に「似ている(mimic)」ことから、ミミウイルスと命名された。

[補説]さらに巨大なウイルスとして、2008年にママウイルス、2011年にメガウイルス、2013年にパンドラウイルスが発見されている。

[生物/生物学の言葉]カテゴリの言葉