出典:デジタル大辞泉(小学館)

愛媛県東部に吹く局地風石鎚山脈剣山地の間を抜ける南寄りのフェーンで、春に多く、日本海側を低気圧が通過する際に発生する。元は「山風 (やまじ) 」と呼ばれていたが、気象用語としては「やまじ風」が用いられることが多い。

[補説]広戸風清川だしと合わせ、日本三大局地風に数えられる。