出典:デジタル大辞泉(小学館)

同一種の生物集団の中に見られる遺伝子型の違いのうち、集団内に1パーセント未満の頻度で存在するもの。ある特定の疾患と関わりがある場合、その変異のはたらきを調べることにより、疾患の治療や予防につながる可能性がある。稀 (まれ) な多型。

[生物/生物学の言葉]カテゴリの言葉