出典:デジタル大辞泉(小学館)

森村誠一によるノンフィクション。「しんぶん赤旗」に連載ののち、昭和56年(1981)に刊行。七三一部隊を描く。同隊が行なった生体実験について国内外の認知度を高めた作品として知られる。続編に「続・悪魔の飽食」「悪魔の飽食第三部」、関連作品に「悪魔の飽食ノート」などがある。