出典:デジタル大辞泉(小学館)

attribution analysis》ある特定の事象が、どのような要因から生じたかを分析すること。本来は金融の分野で、投資元本に対する損益の要因を明らかにすることを意味した。マーケティング・広告の分野では、顧客が商品やサービスを購入するに至るまでの行動や、広告の効果などを分析することを指す。