出典:デジタル大辞泉(小学館)

大気現象などのシミュレーションを行う際、初期値にわずかなばらつきを与えて複数の計算を行い、その平均(アンサンブル平均)を求めることで、もっとも起こり得る現象を予測したり、極端な事象の発生確率を見積もったりすること。天気予報の分野で、同手法を用いたアンサンブル予報が行われている。

[地学/気象]カテゴリの言葉