出典:デジタル大辞泉(小学館)

アンモナイトの化石がもととなった宝石。通常、炭酸塩鉱物の一つである霰石 (あられいし) が主成分で、方向によってさまざまな色に見える、オパールや真珠に似た構造色をもつ。北アメリカのロッキー山脈東斜面に産出。