出典:デジタル大辞泉(小学館)

実質国内総生産(GDP)の成長率と失業率の変化の間に負の相関がみられるという経験則。実質GDP成長率が上昇すると、失業率は低下する。名称は1962年にこの法則を提唱した米国の経済学者アーサー=オークンにちなむ。