出典:デジタル大辞泉(小学館)

珪酸塩鉱物の一種。ガラス光沢がある青色または黒色の板状の結晶。六方晶系流紋岩デーサイトの空隙などに産する。鹿児島県で発見され、昭和28年(1953)に都城 (みやしろ) 秋穂が新鉱物として報告した。名称は大隅半島にちなむ。オースミライト。

[地学/地学の言葉]カテゴリの言葉