出典:デジタル大辞泉(小学館)

南アメリカ北東部、フランス領ギアナの首都。大西洋に注ぐカイエンヌ川河口の島に位置する。17世紀半ばにフランス人が建設し、港を開いた。政治犯の流刑地となったほか、19世紀半ばにゴールドラッシュにより一時栄えた。現在はコーヒーや砂糖などの農産物の集散地であり、木材と金の積出港となっている。香辛料のカイエンペッパーの名称は同地にちなむ。