出典:デジタル大辞泉(小学館)

村松友視の小説。平成9年(1997)刊行。祖父かつ養父である村松梢風の内縁の妻の死をきっかけに、自身の複雑な生い立ちを振り返る私小説風の作品。第25回泉鏡花文学賞受賞。

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉