出典:デジタル大辞泉(小学館)

宮崎湖処子の中編小説。明治23年(1890)刊行。自身の故郷、三奈木村への思慕を、新体詩を交えた独特の美文で表現した出世作。