出典:デジタル大辞泉(小学館)

Triángulo del Café》コロンビアを代表するコーヒー産地の通称。同国中西部のカルダス・キンディオ・リサラルダ・バジェ‐デル‐カウカの4県を占める。山の急斜面を利用した小規模な農園が多く、環境に応じた持続的なコーヒー栽培が行われている。主な産地は、マニサレスアルメニアペレイラなど。2011年に「コロンビアのコーヒー産地の文化的景観」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。コーヒートライアングル。