出典:デジタル大辞泉(小学館)

明治24年(1891)、訪日したロシア皇太子ニコライ(のちのニコライ2世)が、大津市で警備中の巡査津田三蔵に切りつけられた事件。日露関係悪化を恐れた政府は、大逆罪の適用による死刑判決を強要したが、大審院長児島惟謙 (こじまいけん) はそれを退け、普通謀殺未遂罪で無期徒刑とし、司法権の独立を守った。湖南 (こなん) 事件。→児島惟謙