出典:デジタル大辞泉(小学館)

Catedral Metropolitana de Santiago》チリの首都サンティアゴにある大聖堂。旧市街の中心部、アルマス広場の西側に位置する。16世紀半ばに建造された教会に起源。地震による被害を受け、その都度再建され、19世紀末に現在の新古典主義様式の建物になった。ファサードはイタリアの建築家ホアキン=トエスカによる。内部にザビエルの彫像をはじめ、多くの聖具や絵画などがある。