出典:デジタル大辞泉(小学館)

Greisen-Zatsepin-Kuzmin effect》極高エネルギー宇宙線宇宙背景放射光子と相互作用を起こし、エネルギーを急激に失う現象。特殊相対性理論によれば、その上限は10の20乗電子ボルト程度であるとされる。名称は同効果を提唱したグライセン、ザツェピン、クズミンの頭文字に由来する。また、この上限を上回る宇宙線がわずかながら観測されており、その起源と機構の解明が進められている。