あく‐てん【悪点】 の意味

  1. 物事を悪く批評すること。
    • 「ただ通人の口まねをして、―をのみ楽しみとなし」〈洒・辰巳婦言〉
  • 名詞