出典:デジタル大辞泉(小学館)

Jevons paradox》資源効率を高めても、結果的にエネルギー消費量が増えるという逆説。19世紀英国の経済学者ジェボンズが自著にて、石炭の利用効率の向上と消費量の増加を例に挙げて指摘。低燃費の自動車や省電力型のエアコンなどで、同様の傾向が見られる。ジェボンズの背理。ジェボンズの逆説。