出典:デジタル大辞泉(小学館)

Macizo de Chimantá》ベネズエラ東部、ギアナ高地にある山塊。浸食が進んだ開析台地で、標高2200~2600メートルのテプイとよばれるテーブル状の山々からなる。アウヤンテプイロライマ山を含む周辺一帯はカナイマ国立公園に指定され、1994年に世界遺産(自然遺産)に登録された。