出典:デジタル大辞泉(小学館)

《原題、(ドイツ)Die sieben letzten Worte unseres Erlösers am Kreuzeハイドンの管弦楽曲。1785年作曲。序曲と七つのソナタ、および終曲からなる。スペインのカディス大聖堂からの依頼による作品。のちにハイドン自身の手により、弦楽四重奏曲とオラトリオに編曲された。

[美術・音楽/音楽作品]カテゴリの言葉