出典:デジタル大辞泉(小学館)

PCBDDTなど、長期間にわたって分解されず、環境中に残留する有害な汚染物質(POPs)の廃絶・削減を目的とする国際条約。正式名称は、残留性有機汚染物質に関するストックホルム条約。1995年に国連環境計画(UNEP)の政府間会合で策定が求められ、2001年にストックホルムで採択。2004年に発効。POPs条約。