出典:デジタル大辞泉(小学館)

地方自治体が都市地域の住民を受け入れ、人口減少や高齢化などが進む地域で農林水産業の応援、地域ブランドや地場産業の開発・販売・宣伝、環境保全環境等の活動に従事してもらいながら、その地域への定住・定着を図る取り組み。総務省が財政支援を行う。平成21年(2009)から実施。平成28年度(2016)は全国886自治体で3978名が活動に従事した。