出典:デジタル大辞泉(小学館)

配偶者控除を補う所得控除。配偶者に38万円を超える所得があるため配偶者控除の適用が受けられないときでも、配偶者の所得金額に応じて、一定の所得控除を受けることができる。

[補説]納税者の合計所得金額が1千万円以下であること、配偶者の合計所得金額が38万円超76万円未満であること(平成30年分以降は38万円超123万円未満)、などの要件がある。