出典:デジタル大辞泉(小学館)

配偶者控除を補う所得控除。配偶者の合計所得金額が38万円(年収103万円)を超える場合に、配偶者の所得に応じて、一定の所得控除を受けることができる。

[補説]納税者の合計所得金額が1000万円(年収1220万円)以下で、配偶者の合計所得金額が38万円超123万円(年収201万円)以下などの要件がある。配偶者の年間の合計所得金額が85万円(給与年収150万円)以下は全額適用。85万円超123万円以下は配偶者の所得に応じて段階的に減少する。控除額は納税者の合計所得金額に応じて異なり、納税者の合計所得金額が900万円(年収1120万円)以下の場合は38万円、900万円超950万円(年収1170万円以下)の場合は26万円、950万円超1000万円(年収1220万円以下)の場合は13万円。