出典:デジタル大辞泉(小学館)

feature point method》ソフトウエアの規模や開発工数などを見積もる手法の一。ファンクションポイント法に、新たにアルゴリズムの複雑度を加味して改良したもの。オペレーティングシステムなどのコンピューターシステムに向く。