出典:デジタル大辞泉(小学館)

[1785~1845]フランスの物理学者。靴職人の家庭に生まれ、初等教育を受けたあと、時計製造業に就いた。妻の母の遺産を得て学問を志し、医学から電気の研究に進み、1834年、アンチモンビスマスの接合部に電流を流すと熱の発生や吸収が起こること(ペルティエ効果)を発見した。