出典:デジタル大辞泉(小学館)

被相続人が遺言を残さなかった場合に、民法の規定に基づいて、法定相続人法廷相続分を相続すること。→遺言相続