出典:デジタル大辞泉(小学館)

八木義徳の短編小説。昭和21年(1946)発表。東京大空襲の犠牲となった妻と息子を描く。同作を表題作とする作品集は、昭和23年(1948)の刊行。

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉