出典:デジタル大辞泉(小学館)

Cueva del Milodón》チリ南部、マガジャネス州にある洞窟。プエルトナタレスの北西約20キロメートル、ベニテス山の麓に位置する。更新世に生息し約1万年前に絶滅した、体長約3メートルのミロドンというナマケモノの近縁種の骨が発見された。国定史跡に指定。