出典:デジタル大辞泉(小学館)

村松友視のデビュー作。昭和55年(1980)刊行のプロレスを主題とするエッセー。副題「金曜午後八時の論理」。続編に「当然、プロレスの味方です」がある。

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉