出典:デジタル大辞泉(小学館)

北海道東部、阿寒屈斜路 (くっしゃろ) 摩周 (ましゅう) の三つのカルデラ湖や小湖沼群、雌阿寒岳雄阿寒岳等の火山群からなる国立公園。昭和9年(1934)阿寒国立公園として指定され、平成29年(2017)に神の子池を含む周辺の一部が追加されて現名称となる。公園の大部分が亜寒帯性の針葉樹林に覆われ、雄大な景観を有する。

[地理/日本地名/北海道]カテゴリの言葉