出典:デジタル大辞泉(小学館)

文楽人形で、その役のためだけにつくられた首 (かしら) 。景清玉藻の前など。

[補説]文楽ではふつう、一つの首をさまざまな役に使い回す。役の傾向により源太文七岩藤などの名がつけられている。

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃]カテゴリの言葉