出典:デジタル大辞泉(小学館)

アルゼンチン北部、フフイ州の町。リオグランデが刻むウマワカ渓谷に位置する。標高約2900メートル。16世紀末に開かれた古い町で、教会や石畳の道をはじめ植民地時代の街並みが残っている。周辺のマイマラティルカラプルママルカなどの集落とともに、2003年に「ケブラダ‐デ‐ウマワカ」の名で世界遺産(文化遺産)に登録された。ウマウアカ。