出典:デジタル大辞泉(小学館)

一定方向に運動する対象をしばらく凝視したのちに静止した対象を見ると、最初に見続けたものの動きと反対に動いているように見える現象。アリストテレスの「滝の錯視」として知られる。

[物理・化学/物理・化学の言葉]カテゴリの言葉