出典:デジタル大辞泉(小学館)

恒星進化の最終段階における元素合成。漸近巨星分枝星(AGB星)の内部で中性子捕獲によって核子数が増えることで生じる。sは「遅い」(slow)を意味し、β崩壊にかかる時間が長く、次の中性子捕獲まで長い時間がかかることを意味する。鉄よりも重い重元素のうち、特にストロンチウムバリウムの合成に寄与する。スロープロセス。→r過程