出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 生物の視覚において、自身の運動や外界の変化に伴う、網膜に投映される像全体の速度場。自身が前進すると、進行方向の中心から放射状に拡大するような速度場となる。

  1. 画像認識で、画像中の物体の動きをベクトル場で表したもの。一般に、あるパターンが移動する方向を推定し、各画素にベクトル量を付与する。