出典:デジタル大辞泉(小学館)

キューバ中部、カマグエイ州の都市。同州の州都。首都ハバナの南東約550キロメートルに位置する。内陸部の交通の要所で、周辺ではサトウキビ栽培と牧畜が盛ん。16世紀前半に海賊の襲撃を逃れるため、内陸部に建設。植民地時代の街並みが残り、2008年に「カマグエイ歴史地区」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。