出典:デジタル大辞泉(小学館)

吉田精一による文学評論。昭和15年(1940)刊行の処女評論集。北村透谷泉鏡花森鴎外などの作家や「文学界」「明星」「白樺」などの雑誌による文芸運動を取り上げ、日本の浪漫主義文学の歴史と意義を論じる。

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉