出典:デジタル大辞泉(小学館)

吉本隆明による評論。古典から現代の作品まで、小説・戯曲・詩歌など多くの文学作品を引用しつつ言語表現について分析する。昭和36年(1961)から昭和40年(1965)にかけて「試行」誌に連載したものに加筆・修正し、昭和40年(1965)に刊行。