出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. もう一度戻ってくる性質。

  1. 言語学・社会学で、動作主が自己を含めて何らかの行為・指示・言及の対象とする性質。

  1. 数学・情報工学で、ある関数の定義やプログラムの実行をする際、その関数やプログラム自体を用いたり、呼び出したりする性質。